私的マーケットプレイス研究所

マーケットプレイスビジネスについて学んだことを書き留める。

マーケットプレイスのプロダクト・サービス

パーキングのシェアエコ・akippaは需要過多につき「駐車場数」をいかに増やすかがポイント

akippaはカーパーキングのシェアエコ×マーケットプレイスのプロダクト。駐車場を借りたい人・駐車場を貸したい人からマーケットプレイスは成り立っている。重要なJKPIは駐車場数であり、その他どのような取引構造担っているかも調べてみる。

フリーランス美容師と美容院の面貸しマーケットプレイス・MIRRENTAの勝手な考察

面貸しとは、美容院で空いている席(及び設備)を貸し出すことを業界では面貸しと言う。その面貸しのマーケットプレイスを展開しているのがMIRRENTA。美容師業界のシェアエコサービスについて調べてみた。

C2Cマーケットプレイスの代表格だったチケットキャンプ、どんなマーケットプレイスだったのか少し振り返り

ミクシィの子会社であるフンザによって運営されていたチケット売買のマーケットプレイス。現在は色々あって2018年5月末に閉鎖している。当時はメルカリにも匹敵するようなC2Cマーケットプレイスの代表格であり、振り返りをしてみたいと思う。

UberEATSの仕組み、配達員はアプリで配達可否をオプトイン/アウト

ライドシェアのマーケットプレイスを展開しているUberのフードデリバリーサービス・Uber ears。日本上陸から2年が経過し、順調に事業としても伸張していることが伺える。今回は需要者側ではなく供給者側の仕組みを調べてみる。

日本ではレアなB2B×シェアエコマーケットプレイス・Ekuipp、グローバルネットワーク効果のポテンシャルを秘めている

Ekuippは精密機器B2Bマーケットプレイス。休眠資産となってしまった精密機器の貸し出しとそれを使いたい借主を結びつけるマーケットプレイス。日本ではレアなB2B×シェアエコのマーケットプレイスであり、どのような取引構造、マネタイズをしているか調べてみ…

日本版インスタカート・Twidy、クルーの取引コスト低下方法はインスタカートが参考になる

日本版インスタカート・Twidy。米国ではインスタカートが大流行しているので、同じモデルが日本でも流行するのか気になるところ。取引構造を分解し、クルーの取引コストをいかに下げることができるかがポイントでは無いか。

工事マーケットプレイス・Craft Bank、クリティカルマスへの到達は「発注UU数」が鍵だと勝手に思う

建設職人のマーケットプレイス・Craft Bank。建設職人が受注者で、発注者は工事をお願いしたい人という構成のマーケットプレイス。クリティカルマスの到達に向けて恐らく受注者側は問題なくて、発注者側をどのように集めるかがポイントだと思われる。

訪日外国人とガイドのマーケットプレイス・Huberの「Tomodachi Guide」、ユニークな取引工程で独自の世界観を目指している

訪日外国人と国際交流したい人を結びつけるマーケットプレイスである、Huberの提供するTomodachi Guide。効率的に考えれば取引コストが高くて取らないような工程も独自の世界観に沿って行なっているユニークなプロダクトであると感じた。

Reduce Goのスウェーデン版・Karma、「大手スーパー囲い込み」が流動性確保の要因か

スウェーデン発のフードロス解消マーケットプレイス・Karmaについて今回は調べてみた。Karmaは以前調べた日本のReduce Goと取引の流れ自体はほぼ同じで、マネタイズ方法はやや違う。恐らくスウェーデンにおける流動性は確保済みで、今後の他国展開が楽しみ。

キャンセルした宿泊権利のマーケットプレイス・cansell、「売り手の拡大」と「取引コスト最小化」の勝手な考察

宿泊施設のキャンセル問題をテーマに扱っているマーケットプレイス・cansell。取引における工程の分解と、課題になっているであろう売り手の確保について調べてみた。総じて買い手も売り手も取引コストが低く、便利だなと感じた。

フードロス解決マーケットプレイス・Reduce GO、クリティカルマス到達のポイントはパワセラーの獲得

フードロス(売れ残った商品を廃棄してしまう環境問題)をテーマに扱っているマーケットプレイス・Reduce Go。クリティカルマスへの到達に向けて、飲食店(売り手)の確保が喫緊の課題で、パワセラーの囲い込みが肝要ではないかと考えている。

なぜUBERはマーケットプレイスとして優れているのか?ピーク料金と巡回セールスマン問題

世界的なライドシェアマーケットプレイスであるUBER。UBERの凄みは色々とあるけれど、今回は「ピーク料金」と「巡回セールスマン問題」について。それぞれが、需給バランスとマッチメーキングの課題に対する見事な解決策となっている。

マーケットプレイスの先駆け・Craigslistについて調べてみた

マーケットプレイスの先駆け・Craigslistについて。「Craigslistの解体」により現代では様々なマーケットプレイスが生まれている。

ハンドメイドマーケットプレイス・Creema、競合との数値・SEOを比較

ハンドメイドマーケットプレイス・Creemaについて。CreemaはハンドメイドのC2Cマーケットプレイスで、売り手はクリエイター・買い手はハンドメイドの作品が欲しい人、で成り立っている。競合であるminneとの数値比較やSEO的な観点でも調査をしてみた。

福利厚生マーケットプレイス・CXA、導入企業従業員のアクティベートが肝

福利厚生マーケットプレイス・CXAについて調べてみた。CXAはシンガポールの企業で界隈では有名とのこと。調べてみた結果、導入企業従業員のアクティベートが肝であると感じた。

労働力のシェアエコ・Taimee(タイミー)、クライアント(仕事)集めが成功の鍵か

先日、資金調達を行い話題になった労働力のシェアエコサービス・Taimee(タイミー)。どのようなサービスなのか、スケールのポイントは何なのかを勝手に考えてみた。

音源マーケットプレイス・AudioStock、ストック商品の手数料率は高めの設定

今回は音源マーケットプレイス・AudioStock。マーケットプレイスで取り扱う商品にはスポット、ストックがあり。AudioStockは音源の使用権を取り扱っているので、ストック型。ストック型は運営が取る手数料率が多いことがわかった。

中古産業機械マーケットプレイスALLSTOCKERの特徴は手厚い事務局サポート

中古産業機械マーケットプレイスALLSTOCKER。売り手(中古産業機械を売りたい人)と買い手(中古産業機械を買いたい人)を結びつけるマーケットプレイスで高単価商材マーケットプレイスならではの事務局の手厚いサポートは特徴。

PIXTA運営の出張撮影マーケットプレイス・fotowa。PIXTAで得た資源の活用がポイント

出張撮影マーケットプレイスのfotowa(フォトワ)。写真を撮る人(売り手)と写真を撮って欲しい人(買い手)を結びつけるマーケットプレイス。運営会社はPIXTAで、そことのシナジーも見ていく。

講義ノートマーケットプレイス・Clearを調査。「1:9:90」理論を活用

講義ノートマーケットプレイスとは講義ノートを売りたい人(売り手)と講義ノートを買いたい人(買い手)から成り立つマーケットプレイス。「講義ノート自体の著作権は先生なり教授にあるのではないか?」という議論もありつつ、今回はあくまでビジネス面に…

農業系マーケットプレイスの事例とビジネスモデル、B2C・B2Bでポイントが異なる

農業系マーケットプレイスの事例とビジネスモデルを調査。大きく分けて、B2C・B2Bのタイプがあり、それぞれでポイントが異なる。日本の事例の他にフランスと中国の事例・ビジネスモデルも調査してみました。

DMM Okanが需要過多でサービス終了?なぜなのかを調べてみる

先日、家事代行サービス・DMM Okanが「需要過多」を理由にサービスを終了したというニュースが話題になった。なぜ、「価格を上げる」という措置を取らなかったのかを考える。