私的マーケットプレイス研究所

マーケットプレイスビジネスについて学んだことを書き留める。

マーケットプレイスのノウハウ

マーケットプレイスの取引コストとは?取引コストを下げていると思った事例

取引コストとは、価格以外にかかるコストのこと。例えば、お菓子をコンビニ行った際に、お菓子自体には「お金」というコストがかかるが、それ以外にも以下のようなコストがかかっており、これらが取引コスト。今回は取引コストを下げているなと思うプロダク…

"供給内容"がマーケットプレイスの取引構造を決める、Cognitive Load(認知負荷)の高低がポイント

"供給内容"がマーケットプレイスの取引構造を決める。Cognitive Load(認知負荷)の高低がポイントとなっており、シンプルさを求めるのか探しやすさを求めるのかが取引構造を構築する上での分水嶺になる。

マーケットプレイスにおける「クリティカルマスとは」をしっかりと調べた

一般的なマーケティング用語としては「臨界質量」でいわゆるティッピングポイントと呼ばれるもの。マーケットプレイスにおけるクリティカルマスとはどういったものであるかを調べた。

Airbnbが生み出す日本への経済効果9,200億円(2016年)と周辺企業の勃興事例

Airbnbの生み出す経済効果に関して。少し古いが、2016年では公式による調査だと日本に対して9,200億円の経済インパクトがあるとのこと。また、Airbnbの体験の一部を切り取り特化した「家の鍵を預けられる」「良い感じに値付けしてくれる」といった周辺サービ…

Facebook離れ、原因は「ネットワークの価値」の低下にある

ニュースで何度か見かける「Facebook離れ」というトピック。米市場調査会社・eMarketerの調査によると、2018年には実際に11歳〜24歳の世代で減少されることが予測されている。その減少の理由としては「ネットワーク価値の低下」ではないか。

SaaS×マーケットプレイスのハイブリッドモデルのメリット

SaaS×マーケットプレイスのハイブリッドモデルについて調べてみた。鶏と卵の問題を解決、ないしは回避できるという効用がある。また、ハイブリッドモデルとは別のやり方として「ニッチに攻めること」「オーバーラップさせること」もポイントであった。

マーケットプレイスの漏れ(直接取引)はなぜ起こる?反復性と付加価値がポイント

マーケットプレイスの漏れ(直接取引)はなぜ起こるのか。ポイントは反復性と付加価値。反復的な取引が起こる分野では直接取引がされやすいし、マーケットプレイスが独自の価値提供をすることができれば直接取引をされない、ということ。

マーケットプレイスとは何か?制約条件付きの最大化問題を解く

マーケットプレイスとは何かを掘り下げて考えてみる。「需要者と供給者の両サイドのエンドユーザーが、各々の経済合理性に基づいて自由取引を行う場所」だと思っており、どういうことかをまとめる。

マーケットプレイスに関するお役立ち記事・コンテンツまとめ【2018年8月27日更新】

マーケットプレイスに関するお役立ち記事・コンテンツのリンク集。マーケットプレイスに関してよくあるトピック毎にまとめる。随時更新予定。

バイラリティを引き起こすには?その種類と具体的な事例5つ

バイラリティの話が出ると、よく混同されがちなネットワーク効果。バイラリティはネットワーク効果の必要条件であるかもしれないが、十分条件ではないということ。 バイラリティの十分条件や具体的な事例も調べてみた。

マーケットプレイスが生み出す外部経済と外部不経済とは何か

市場(マーケットプレイス)の外部に及ぼす間接的な波及効果のことであり、それが良いものなら「外部経済」、悪いものなら「外部不経済」ということ。マーケットプレイスが生み出す外部経済と外部不経済とは何かを考える。

マーケットプレイスにおけるユーザースパム・ハックにどのように対応するべきか

マーケットプレイスである場合、往往にしてユーザースパムやユーザーへのハックがなされる。マーケットプレイスを私利私欲のために悪用しようとするユーザーに対して、どのような対応をしていくべきなのか。

マーケットプレイスにおける鶏と卵問題の解決策

供給者がいるから、需要者が集まるのか。需要者がいるから供給者が集まるのか。Amazonなら、商品がたくさんあるから、買い手が集まるのか・買い手がたくさんいるから、商品が集まるのか。英語でもまんまChiken egg problemと表現されており、マーケットプレ…